LaLa5Cats

犬猫生活・日々いろいろ思うこと・・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
WWFジャパン
1 Click Animalsへ
 犬の生体展示販売反対オピニオンバナー
動物たちを守る会ケルビム
OTHERS
SEARCH
田中一村展と「ある日、森の中で」

 雨が続く沖縄

GW初日の4月28日梅雨入り宣言いたしました。


平年より11日早い梅雨入り

昨年に引き続き4月の梅雨入りは

観測史上3番目に早いそうです。

これからジメジメ季節の始まりだ・・・。


たまに晴れ間が見える休日に

久しぶりに美術館へお出かけ。



沖縄県立美術館・博物館




現在開催されているのは



田中一村


数年前?にも出かけた記憶があります。


今回は県立美術館での展覧会とのことで

是非行かねば!といそいそ美術館へ



田中一村



日本画の神童と謳われながなも画壇の表舞台に立つことなく、

無名のままその生涯を閉じた画家・田中一村(1908-77)


晩年を奄美で過ごしながら描いた絵は

繊細な日本画の描写と大胆な構図と色彩が印象的な作品が多い。

(↓画像検索より)











画集で眺めるのもきれいですが

やはり実際の絵はものすごく迫力があります。


植物や鳥を好んで描いた「田中一村」の絵は

見慣れた熱帯植物や風景も多い。

静かな美術館でのんびりと絵を鑑賞し

満足のLALAでございました。



「ある日森の中で」

沖縄本島北部



ヤンバル(山原)と呼ばれる山の中






鬱蒼と茂る南国植物と、ヤンバルクイナ等

稀少動物が暮らす森の中へ





家庭訪問に同行いたしました。



現在ここで暮らす犬



うわっ!でっかくなってる。

ララよりも大きく成長しております。



大自然のど真ん中での生活

なんと、家の前が川!




大喜びで駆け出すサン



なんとまぁ、素晴らしい環境。






犬たち大興奮!!!





アザラシではございません。

一応、立派なG・シェバードの「のぼる」くん。


都会では洒落た愛玩犬のフレンチブルも

訓練士の愛犬ともなれば超ワイルド派

真珠、楽しいか?



絶好調でガンガン走って泳ぐ!


んで、うちのサンはどこ行ったか?


もう、タガがはずれたかのように

猛スピードで走り回る



写真なんか撮れないわな。


時折しとしと小雨が降る中

犬たちは天気なんかおかまいなしで

ひたすら遊ぶ!遊ぶ!遊ぶ!。

そうだよね〜。こんないいところ滅多に来れないもんね。


川から見上げると



高台にあるこちらが住宅

と〜ってもステキな雰囲気です。

ご夫婦揃ってお洒落な方たち。


ここの家の新入り家族になった犬



みなさま、さて、この子は誰でしょう?



正解は


ちゃーぼー




そう、道からふらふら歩いているところを友人が保護した子犬。


めでたく、ご縁があり

新しい家族の元へ引き取られていきました。


人懐っこく性格は超良し!。

なにより、新しい家庭の子供たちがとても気に入って

お兄ちゃん(小1)が、かいがいしく世話をやいているとの話。

このステキな環境の中で

可愛いがってもらえてよかったね。


毎日、子供たちと野山を駆け回って

すくすくと成長してくれることでしょう。

名前もちゃーぼー改め「コザ」くん。

お兄ちゃんが名づけてくれたそうです。


「コザ」、またみんなで遊びに来るからね!。

元気で可愛いがってもらうんだよ〜。


久しぶりに会った仔犬の成長ぶりに驚き

ステキな家族にめぐり合えたことに

心からほっとしたLALAでした。


「おまけ」

ヤンバルは遠い。

うちからだと100kmぐらい北へ走る。

途中、あまりにお腹が空いて

遊ぶ前に腹ごしらえせねばと店探し。(←また食い物か?)



東村の道の駅?

東村といえばパインが特産品。


食堂がありました。



メニューに目移りしつつ


「タマンのバター焼き定食」



こちら、とっても美味しかった♪。

魚一匹丸ごと食べて満足いたしました。



優しい家族に出会えた「コザ」にお祝いぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ 



ありがとうございました。



| LALA | 美術館 | comments(18) | - |
ウィリアム・モリス@浦添市美術館
今日も真夏日の沖縄

短い一生を終えたセミが玄関前に落ちてました。


先日、友人nekoちゃんからのメール

「ウィリアム・モリス展やってるよ。24日までだって。

LALA好きでしょ。」

あぁ、新聞で見てたのに、うっかり忘れてました。


まだ間に合うわ。

ちょっと見に行こうってことで

浦添市美術館へ

 

美術館裏側です。


そうそう、これよ。

ウィリアム・モリス



ウィリアムモリスといえば壁紙が有名

植物モチーフに目がないワタクシ

これは見なくちゃね。





この美術館もこじんまりとしつつも

けっこうお洒落な作りになってます。



19世紀のイギリス

機械化が進んだ時代に

手仕事の復権と生活の中の美を提唱し

「アーツ&クラフツ運動」の先駆者として

世界中に影響を与えたウィリアム・モリス。





繊細な植物描写を得意としたデザインは

現在でも世界中で人気があり

近代デザインにも大きな影響を与えました。


今回の展示会では

モリスや、その仲間たちが製作したステンドグラスや

手織りのジャガード織りの壁掛け、

壁紙やテキスタイルの作品が多数展示され

当時の手仕事の見事さに

うっとり見惚れてしまいました。


小一時間程鑑賞し

ロビーでしばし涼みつつ

外を見ると



日陰でお留守番の犬たち


気づいたようです。



けっこう離れてるんですけどねー。

なんかゴキゲン顔?

誰に遊んでもらったのかな。


お待たせ、お嬢さんたち。

おりこうさんに待っててくれたね。


ちょっと歩こうか。



鳳凰木が咲いてます。


南国らしい華やかさ。



一つの花だと、こんな感じ。




植物の造形って見れば見るほど面白い。

自然って不思議ですね。



たまには記念撮影でもするか。



鳳凰木の花の下にて


ぐるりと回って

さて、帰ろうか。



この美術館の周りも

古い森が残っているところ。



「ハブに注意」が立てられておりました。



ウィリアム・モリスといえば

壁紙やテキスタイルの図案が

いろいろと商品化されています。


うちにあるのはポストカードのセット。

いつどこで買ったのかは覚えてません。

かなり昔から持っており、ほぼ黄ばんでますが

中はキレイなんですよ。

古い値札には8.95$とあります。



この中から一部ご紹介しましょう。


植物の図案化

モリスらしいエレガントさですね。



植物と鳥の組み合わせも得意の図案



二色刷りから

多色刷りへ



この時代、すべて木版に手摺り。

この繊細な図案を版に起こすのも熟練の技


どんどん凝ったデザインになってきます。







植物や鳥を図案化するセンスも見事ですが

この木版を使った手摺りの技術も素晴らしい。

木版ってことは、板をせっせと掘るわけで・・・。


色合いも独特で、シックなトーンながらも華やか。

一枚仕上げるのにどのくらいの時間が掛かったのでしょう。


いつの日か、この壁紙を使った部屋が欲しいLALAでした。


訪問ありがとうございます。


たまには美術鑑賞もいいもんだ。

見事な職人芸に感動しました。


午前中はわたしの用事優先

午後は犬たちの時間よ。


お留守番犬たちにぽちっとお願いいたします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ




ありがとうございました。




| LALA | 美術館 | comments(8) | - |