LaLa5Cats

犬猫生活・日々いろいろ思うこと・・・
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
WWFジャパン
1 Click Animalsへ
 犬の生体展示販売反対オピニオンバナー
動物たちを守る会ケルビム
OTHERS
SEARCH
タローの大冒険
カラッと爽やかな日が続いております。

早朝は肌寒く感じる今日この頃。


猫たちも団子になりつつある秋。


北海道では初冠雪、日本各地紅葉便りの届く10月も後半。

季節は確実に冬へと変わってゆく。


みなさま、ごきげんよう。

台風も去って、爽やかな秋空が広がる日は

絶好のお散歩日和でございます。


先日の出来事。

台風の日に、遊びに来た友人と

ごはんでも食べに行こうかと出掛けました。


途中、交差点での信号待ちの時に

一匹の白い犬が目の前を横切った。

飼い主の姿は見えず犬だけ?

そうこうしているうちに信号が変わり

車が流れ出したというのに車道で右往左往する犬。


あまりにも危ないので、車を寄せてドアを開け、呼び掛けたら…

車に乗り込んで来ました。

よく見ると、キレイな柴犬?



はて、どーしたものか。

取り急ぎ近所の交番に届け出を出し

家に連れて帰りました。

(日曜だったので役所は休み)


キレイな犬なので、ど―みても室内飼い。

飼い主さん.心配してると思うけど。


役所が開いた休日明けに

市役所や愛護センターに保護届けを出し

あとは飼い主さんから連絡を待つしかない。


twitterでも拡散し 

貼り紙を近所のスーパーに貼ってもらいと

犬の飼い主探しに奔走したのですが

なかなか連絡が無く思案に暮れておりました。


当の犬はといえば



ララサンと一緒に散歩をし

毎日、意気投合したサンと大騒ぎ・・・。


LALAの困惑もおかまいなしに

すっかりくつろぐ保護犬タロー(仮名)

いえね、名前が無いと

なにかと不便なもんで、勝手にタローと命名(笑)




そんなこんなで

我が家で過ごしておりました。


とある休日

サンの犬保育園に同行したタロー。


出迎えてくれたのはグッド爺さん




後ろ足が立たなくなくなってしまいましたが

まだまだ元気な老犬ボクサー


初めての保育園に



戸惑いつつも大喜び

犬と遊ぶのが大好きらしく



みんなの後を付いて回る。



サンも久しぶりの学校におおはしゃぎ
  
    


と、犬たちは仲良く遊び

飼い主さんたちとLALAは近況やらをおしゃべりしつつ

楽しく過ごしていたら・・・


なんと、タローの飼い主さんという方から携帯に連絡あり。
  
どーやら、愛護センターに連絡して保護犬情報でつながったらしい。

いや〜、よかったよかったと

早速、犬学校まで迎えに来てもらいました。

(訓練士の先生からも一言物申してもらいたかったので)


飼い主さん曰く、散歩に行こうとハーネスを付けて繋いでいたはずが

ハーネスのサイズが合わずゆるゆるで抜けてしまったらしい・・・ 

脱走して、LALAが保護するまで約5〜6時間放浪していたようで

まぁよく車に轢かれなかったものだと

運のいい犬タロー、じゃなくて本名は「龍」。


これで、保護犬騒動も一件落着。

我が家で過ごした数日間

楽しかったか?龍



また会えるといいね。

台風の後、我が家にやってきた犬台風。

無事に飼い主さんに戻せてほっとしたLALAでした。

めでたしめでたし。


訪問ありがとうございます。

いや〜、まさかの保護犬騒動。

我が家にまた犬が増えるのか?と心配した友人たちも

これでほっとしたことでしょう。(笑)


我が家、もう満員御礼で

これ以上猫の子一匹増やすのも無理でございます。


さて、ほっとしたとこで

美味しいもので〆といたしましょうか。


犬を保護した数日後。

遊びに来た友達とご近所ランチ。

見事な青空が広がる午後



ラグナガーデンホテルへ。


Paseo GardenのサラダバーはLALAのお気に入り



野菜の品数が多くて嬉しい。

ここではサラダも大皿よ!



色とりどりの野菜にうっとり。

イタリアンビュッフェなので

パスタやクロスタータもあり




県産豚のローストポーク・パイナップルソース



ホテルメイドの焼きたてクロワッサンやらデニッシュ類もいろいろあり

さんざん食べたはずなのに


デザートはもちろん別腹(といいつつ自腹なのはわかっとる)



美味しい楽しいランチでございました。


ランチしつつも

保護犬探し協力してくれたあゆみちゃん

LALAの作った貼り紙を

Twitter,FB,instagramに投稿して

見覚えのある人はいないかと拡散。

友人たちの協力はホントにありがたい。


今回は無事に飼い主さんに連絡がとれて

龍は家に戻れましたが

犬を保護してる人もいれば

迷子になった愛犬を探し回っている人も多い。

首輪と迷子札はしっかりつけておいたほうがいいと

実感した保護犬騒動でした。









   
| LALA | 動物愛護について | comments(6) | - |
「dogs」from Santa Rosa

 毎日があっという間に過ぎていく今日この頃

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


ヒマなようで忙しく

忙しいといいつつも食べてばかりで

この冬太りのまんま春を迎えるのかしら。


寒くなったり暖かくなったり

まったく、うっかりすると風邪ひきそうで

油断禁物と着膨れしまくりのLALAでございます。


先日も、朝はぽかぽか暖かかったのに

午後からは北風が吹き荒れて

気温が一気に下がり寒いのなんの。


電気ストーブつけたら

ソックスがやってきた。

トイレとご飯以外は寝てばかりのばーさん。

あまりにも動かないもんで

仔猫たちはベッドと勘違い?。



仔猫たち、どっしりした背中が居心地いいのはわかるが

このベッドはいちおう犬だよ。

やたらと犬にくっつきたがる仔猫ってのも変なの。


我が家、犬猫ごっちゃまぜですが

アメリカにも犬猫ごっちゃまぜの家があります。

アメリカからシェルターの様子や

楽しい飼い犬猫たちとの暮らしのブログ

「犬と猫と考える」 by Gumi bear

LALAお気に入りのブログです。


ブログを通じて仲良くなったGumiちゃんより

「どーしても渡したい本があるの!」と

はるばる送ってくれた素敵な写真集

「dogs」



1900年代のアメリカ

犬たちとの暮らしの記録の貴重な写真集。



いつの時代でも

動物との暮らしはいいものです。



どのページの犬たちもいい表情しています。

家族写真の中にもちゃんと犬がいる。

古い古い写真の中に

時代を越えても変わらない犬と人の絆。

Gumiさん、ステキな写真集をありがとう〜。


写真集だけでもありがたいのに

届いた箱の中には・・・・



いろんなものがどっさり。




犬のおやつ



たくさんの猫カードやおやつや、猫ノッカー。



LALA用おやつまで入ってるし・・・。

こんなにたくさん、Gumiちゃんありがとね〜。




プレゼントに群がる猫たち。

はいはい、ちゃんと猫たちのおやつもあるよ!。

よかったね〜。

お礼に仔猫3匹送ろうかしら?。(←あ、いらない?)



可愛い猫カードの中から

早速飾ったのはこの2枚







猫の絵って大好きよ。

可愛い猫のカードに思わずにんまり。

思いがけないプレゼントに感謝感謝!!!。


Gumiさん、毎日シェルターや動物病院の仕事で忙しく

自分も体調が悪いというのに

遠く沖縄まで気を遣ってくれて、ほんとにありがとう。

この優しい人柄がたくさんの動物たちのレスキューに繋がっているのでしょう。



訪問ありがとうございます


シェルターにはたくさんの動物たちがいます。

アメリカらしく、犬猫だけじゃなく

飼育放棄された馬や、鳥や大蛇なんてのもいる。

残念ながら全部救えるわけではなく

譲渡不可となった動物たちは殺処分という悲しい最後。


最後の最後まで優しい言葉をかけ、少しでも楽しい思い出をと

処分が決まった動物たちに最後まで真摯に接する彼女には

ほんとに頭が下がります。


どんなに大事にしていても、老化はさけられないし

病気だってする。

Gumiちゃんのブログにこんな記事がありました。

Petと暮らす人には是非読んでもらいたい

「Perfect Day」

こんな最後の選択もありだと思います。



「Andre the rescue dog」

レスキューされた犬といえば

nekoちゃんのブログで紹介されていた

Andreくん



ビニールバッグに入れて捨てられていた虐待された犬

危機一髪レスキューされて

手厚い看病の結果

今ではFACEBOOKで元気な姿が見られるようになりました。

これからはきっと幸せに暮らせることでしょう。


たくさんの犬猫たちの幸せを願って、

ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ 




ありがとうございました。


| LALA | 動物愛護について | comments(10) | - |
編む犬と迷子のおばあさん

 先日は旧暦の8月15日

十五夜といえば中秋の名月


沖縄では「ふちゃぎ」を供える習慣があります。

ふちゃぎ



蒸した餅に小豆をまぶしたもの。


こちら、残念ながら甘くない。

甘党のわたくしは「ふちゃぎ」よりも「みたらし団子」が好みです。

月を愛でつつ、月見団子をいただく。

日本の季節を楽しむ習慣ってステキですね。


しかしですね、この日はわたくし仕事でして、

月見団子を楽しむゆとりはなく

晩御飯もお向かいさんが差し入れしてくれた

またしても不思議な食材てんこもりの

怪しげなかき揚げを食べて

疲れ果てて寝たのでした。とほほ。



我が家の雑記の前に

ブログをご覧の皆様に協力お願いいたします。


友人が犬のお散歩途中で出会ってしまった迷子犬

かなりの老犬と思われます。

「おばあさんの飼い主を探せ!」 (←詳しくはこちらで)



*あゆみさん画像借りましたよ〜。


推定13〜15歳ぐらいでしょうか?

宜野湾市・嘉数(かかず)で保護しました。

人懐っこくおとなしいおばあちゃん犬。

痩せてはおりません。けっこういい体格してます。

見覚えのある方は、是非ご連絡をお待ちしております。



「編む犬」


我が家の朝といえば

犬たちの散歩からスタート!



はい、みなさん歩くよ〜。

お散歩はこの4頭

ソックスばーさんは、まだグースカ寝てますの。


毎朝、とある家の前で待っているシバちゃん。



おはよ〜、しばちゃん。

今日もむっくむくで可愛いね。



みんなに、一通り挨拶したら、家に戻って行きます。



はいはい、朝は時間がないのよ。

さっさと歩こうよ。



中型3頭は、問題なく歩いてくれるのですが

ちっこい「いなほ」はちょろちょろ間を行ったりきたり。



いーなー、お願いだからまっすぐ歩いてくれないかなー。



ご近所を一周し、帰る頃には・・・


リードがこんなんなってます。

もう、絡みにからんでどーしようもない(泣)。



いなほは女の子

きっと編み物が好きなのかもしれない。

でもね、リードは編まなくていいのだよー。



お願いだから、まっすぐ歩いてね。いーなー。



「おまけ」

先日乗ったバスの話。

いつも乗るバスじゃなく、これはかなりローカル路線。


遠く、名護から辺野古(ジュゴンがいるとこ)経由でやってくる。

乗り込んで、なんかちょっといつもと感じが違う?


沖縄、かな〜り古いバスも現役で走っております。

日本復帰前のバスか?ってなぐらい

車内の案内が英語だったりする時もある。

たまに、新しいバリアフリーなバスに乗ると

間違って観光バスに乗ったか!と焦る日もある。


しかしですね。

これはびっくりしましたよ。



なんと、椅子が全部違うってどーよ?

どんだけ寄せ集めたんだ?

椅子もシートも全部バラバラだ。

まぁ、見事にリサイクルの結晶みたいなバスでした。


っと、笑ってしまいましたが

そーいえば、我が家にもセットの家具なんてないわ。

うちも椅子は全部バラバラだ。

犬も猫もてんでバラバラ

家具もバラバラなLALA屋敷。


ま、特に使用には問題ございません。



訪問ありがとうございます。



保護されたおばあさん犬

仮名は「千代」

息子の龍之介くんが名付けたそうです。

5歳児、「ちよ」と名付けるとは渋いじゃないか!。

「千代ばあさん」が早くお家に帰れますように。


迷子の千代さんの飼い主さん早く迎えに来てくださーい。


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村 ;


ありがとうございました






| LALA | 動物愛護について | comments(16) | - |
太陽の下で@SUN

 晴れた日が続く沖縄

太陽ギラギラの真夏日。



毎朝の犬の散歩も

日が昇ると汗だらだらになります。



犬の権利といえば散歩とご飯。

これは犬にとって何よりも楽しみなこと。


しかし、世の中には犬を飼っていても

世話も何にもしない人もいるのも悲しい現実で。


先月届いた一通のメール

近所で、ほぼ3年間閉じ込めっぱなしの犬がいて

散歩どころか小さな箱に閉じ込めっぱなし。

ときたま、気まぐれに散歩してるようだけど

不衛生な環境であまりにもひどい。

見るに見兼ねて、レスキューし

わたしのリンクに貼ってある

動物たちを守る会ケルビムさんに預けました。

なんとか里親を探したいのですが・・・・。との話。



と言われても、我が家犬いるし、猫多すぎだし・・・。

わたし、動物好きですが、ただの動物好きなだけで

保護活動やら、熱心な愛護活動をしているわけじゃございません。

うっかり、しょうがなく拾ってしまった猫や、

うちの前に捨てていかれた犬を世話するだけで

ホント、いっぱいいっぱいなんですよ。

いや〜、申し訳ないですが、うちは無理です。

とお伝えしたのですが

何だか気になってしょうがない。


ケルビムの病院に保護されているらしいので

うちから近いし、さくらやララの通う病院でもあるので

どんな犬か見てみようかなと、ちょっと覗きに行ってみました。


病院の廊下に置かれたケージの中にいたのは



この犬。

まぁ、見事な雑種のオス。推定3歳

耳ダニ酷く、フィラリア弱陽性ときたもんだ。

超ビビリで、隅っこで固まって動かない。

散歩に出そうにも、シッポを股にギューっと挟んで

ガタガタ震えるだけでまったく動かない。


う〜〜〜〜〜ん、これじゃ里親探しは無理じゃないのか。


里親会で貰われる犬は、尻尾を振ってアピールできる犬じゃないと

なかなか貰い手はつかないでしょ。

仔犬ならまだしも、成犬だし。


う〜〜〜〜〜ん

sun

う〜〜〜〜〜ん・・・・・・


どうしたものか・・・・。


うちでトレーニングして里親探しをしてみようかな。

ここに置いてても、きっと誰も引き取ってくれる人はいないな。


ここの団体、保護犬・保護猫がすんごい数います。

可愛い子犬や子猫もどっさりいます。

雑種の成犬、それも超ビビリには

里親会場でのオーディションは厳しい。


で、メールを下さった方に相談してみました。

うちで家庭犬としてトレーニングをしてみましょうか。

このまんまじゃ、里親会に出しても

よっぽどの犬好きじゃないと、欲しいと思ってくれないと思いますけど。


但し、耳ダニの治療が完治し、去勢手術をした犬じゃないと

うちには入れられません。

もちろんフィラリアの治療も必要ですし、

何よりも、我が家の犬猫たちとの相性もありますけど。


レスキューした方も必死なのでしょう。

酷い環境から引き上げたものの

家も決まらず、この先どうなるかわからないわけで。


何度も、何度も、メールのやりとりしました。


レスキューした方も、毎日毎日病院に通って

フードを運び、声をかけ、治療の経過を見る毎日。


レスキューして約一ヶ月経過、

ガリガリにやせ細った身体にうっすら肉が付き

耳ダニもキレイに治ってきて

ようやく去勢手術も完了。


はい、わたくし、この方の熱意に負けました。

こんなに必死になっている姿をみたら

無碍に断るなんて出来ない。


この方沖縄在住じゃございません。

アメリカ在住でバカンスで里帰り。

本当なら、せっかくのサマーバケーションを

もっと楽しく過ごすことが出来たはず。

ご夫婦揃って、遠くから毎日病院に通い

犬を励まし続ける姿を見たら、

何か自分に出来ることはないか?と考えてしまうわけで。


ほんとうなら、アメリカに連れて帰れたらいいのですが

長期で家を空けることもあるので

犬を飼うのには適さない環境なのが残念。


それでも見ぬふり出来ずにレスキューしたのは

先日お世話になったジミーのママさん。

犬大好きなご主人のあまりにも悲しそうな顔と

娘さんたちの「お母さんなんとかして!」との懇願に

立ち上がった母は強し。


そんなこんなで

我が家にやってきた新入り君。


不思議なもので

初めての室内、

初対面のうちの犬たち

おまけに猫がうろうろ歩き回る家で

ビビリつつも嬉しそう。



ギューっと丸まっていた尻尾をゆらゆら振って

ララとベッキーにご挨拶(ソックスは新入りに興味なし)。


ふ〜〜〜ん、意外となじむのが早いね。

ベランダに出てみようか?



ちゃんと後を付いてきます。



嬉しそうだね。

気に入ったのかい?。




耳もきれいに治ったね。

とまどいつつも、楽しそうな様子にほっとしましたよ。


虐待レベル育ちのわりには、性格がとっても良い。

数日は、ちょっとした動きや物音にも飛び上がって

パニくってましたが、だんだんと慣れてきました。


外に出てみようか。

みんなで歩けばお散歩も覚えるでしょう。



海沿いの公園の遊歩道なら歩きやすい

お散歩の練習にはバッチリだ。


さ〜て、いってみよう〜!。



犬って、真似するのが上手。

ちゃーんと歩いてますよ。

初めてのお散歩にしては上出来です。

けっこう賢いんだな。新入りくん。


途中、可愛いわんこと遭遇



ラブラドールを連れてお散歩中

お顔が真っ白になったLabちゃん。



アスランちゃんは11歳。

元気にお散歩する高齢犬を見ると嬉しくなります。

犬は家族。

大事にされた犬は表情も優しい。

アスランちゃん、元気に長生きしてね。


ララをリーダーに、お散歩練習の3歳児コンビ



ベッキーもずいぶん明るくなりました。

っていうかすっかりラブらしい気質を取り戻しましたよ。


我が家の新入りくん

名無しじゃ困りますね。

名前をあれこれ考えたけど、

凝った名前は苦手なのだ。


3歳だからさん?(←単純すぎだ)

3番目だからさん?

日の目を見たからSUN?

太陽の下で暮らせるようになった犬

明るい未来を願ってSUNと呼ぶことにしました。


さんちゃん



いい笑顔で笑えるようになりましたよ。

そろそろカラーも取れる頃

ぼちぼち、家庭犬らしく学習してくれますように。


訪問ありがとうございます。


今回は長々と犬の話にお付き合いいただきありがとうございます。


LALAブログのNEW FACE

新入り犬のサンです。



そうですね、見た目は東南アジアの犬。

私の好きな写真集に出てるような感じの犬。



サンを見た友人が「タイの犬みたい」と。


まさにそうだわ。

アジア好きのわたくし、だからきっと気になったのかもしれない。


ララがヤギなら、サンはアジアの野良犬?


これも個性ということで

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


新入りサンに応援ぽちっとお願いいたします


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ





ありがとうございました。


| LALA | 動物愛護について | comments(16) | - |
仔猫の季節

 さて問題です。


ある日我が家に届いた箱

この中身はなんでしょう?




なんだろね〜?


ララ見てみる〜?





じゃ〜ん!





仔猫ちゃ〜ん♪。


あ、ご心配なく。

うちに猫が増えたわけじゃございません。

こちら、お客様なんですのよ。


半日だけのベビーシッター

ひっさびさの仔猫はたまらんわ。


お散歩してみるかい?



レニー、これはネズミじゃないよ。






ばーさん、食い物じゃないから・・・。






ベッキー、踏むなよ・・・。




よちよち。


お散歩仔猫ちゃん。


体重250g

命名「わた」ちゃん




元気に育つんだよ。



こんなのが道でよたよた歩いていて

見なかったふりをするなんて無理な話。


つい、出会ってしまったというか

運命の出会いってやつ?


「うっかり拾ってしまった・・・。」とつぶやく母



仔猫に大喜びの龍くん。

うふふ〜可愛いね〜。




猫って不思議と出会いが続くもので

我が家の猫たちも、なぜか予定外に増えている。

増やすつもりなんてまったく無く。(←これホント)

もちろん、店やネットで買ったことなんかないのよ。


最近は、我が家は限界と猫の神様が見限ったのか

仔猫を拾ったことなんて、ここ数年ないわ。


ところがですね、

出会う人は出会うんですよ。猫。


一匹拾ったら、次々と現れる仔猫たち

こちらのお宅、ただいま猫増殖中

プーク  (←新入りはこちらからどーぞ)


完全に猫に呼ばれてますね。

これもきっとなにかのご縁なのでしょう。

運がいい仔猫たち。

みんな元気に育ってね。



猫の繁殖期になると

保護猫が増えるのは毎度のこと。



猫どっさりなTちゃんちにも

新入りが来たと聞いて

いそいそ見に行ってみました。(←どんだけ猫好き?)


今度は黒猫ちゃん


うわ、可愛い!!!



ディーンくん 生後2ヶ月ってとこか?

美しい猫に成長するの間違いないね。



Tちゃんの保護した猫の中でも印象深いのは

ララちゃん

ララ

保護当時、毛がなかった仔猫。

皮膚病ではございません。

毛がないんです。

でもね、成長するにつれ毛が生えてきましたよ。

今じゃ、元ハゲ猫とは誰も思わない。

ララ

ララ、普通の猫みたいだ。

身体は小さいけど元気に育ちましたよ。



猫に囲まれつつ、人間はおやつTime

お菓子作りの上手なnekoちゃんが

作っていたのはプリン



う〜ん、美味しいわ〜。


セイレーンの視線が痛い・・・。

いや、あなたはデブだからおやつはやめよーぜ。


自分のことは棚に上げ

猫にはダイエットを指南するLALAでございました。




「チャーミー」

猫のしぐさって可愛いですね。

仔猫の可愛いさは格別ですが

大人になっても

なんともいえないポーズで癒してくれる。

neko ちゃんの愛猫のチャーミー

チャーミー

なんつー格好で寝てるんだ!!!。


この子も拾った当時はノミが100匹ぐらいついた

片手に乗る仔猫でした。


今じゃこの通り、ゴージャスな猫に変身。

化けたのか?チャーミー?


猫増殖中なう。な今日この頃。

きっと幸運の招き猫になってくれることでしょう。



訪問ありがとうございます。


今日はお盆の送りの日ウークイ

わたしはこれから実家に顔出さねば。


ちょっと時間があったので

猫猫雑記で更新してみましたー。


それでは皆様、よい一日を!



にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ





ありがとうございました。



| LALA | 動物愛護について | comments(16) | - |
RESCUED DOGS by 藤代冥砂


今年も残すとこあと2ヶ月

いや〜早いもんですね。

何やってたかわかんないうちに

一年が過ぎて行く・・・・・。


この時期になると

文具コーナーや本屋さんには

来年のカレンダーがずらりと並びますね。

毎年、カレンダー選びにはけっこう悩みます。

一年は確実に部屋で使うものだから

変なのは貼れないし。



雑種犬&猫多頭飼いの我が家

毎年カレンダーは猫でした。

売ってる犬カレンダーって犬種別だし、

なんだか可愛いらしいのばかりで

ちょっと・・・・・って感じなんですよね。


もっと、お洒落な感じのが欲しいのですが

なかなか無いもんです。


しかしですね、今回は悩むことなく決まりました。

来年のカレンダーに即決したのはこちら

「RESCUED DOGS」



写真家 藤代冥砂氏が撮影したのは

保護センターからレスキューされた犬たち

売り上げの全額が保護資金に回るという

なんとも嬉しい企画。


昨今、ネット上でも里親募集の記事が多いですね。

なんとかしたいと思っていても

実際に自分で迎えて世話するには限界があります。

住宅事情、経済事情、体力的な問題などなど

かわいそうだからと簡単には引き取れません。


保護された犬や、雑種犬って

いまいちイメージが悪い人もいると思います。

犬って連れて歩くものだから

人気犬種や、見た目にこだわる人も多いでしょう。

最後まで大切に世話してくれるならいいのですが

残念ながら、センターに持ち込まれる犬たちは

犬種に関係なく後を絶ちません。


このカレンダーの中の犬たちは

みんな一度は飼い主に捨てられたり

センターに持ち込まれて殺処分待ちだった犬たち



レスキューされて、里親募集中の犬たちですが

ひがむわけでもなく、惨めなわけでもなく

人間に対してこんな笑顔を見せてくれます。



わたし、この写真見て

おもわず涙が出ましたよ。

あぁ生きててくれてよかったと心から思いました。


このカレンダー、毎月写真もフォントも変わります。



全ページ、いい表情の犬たちで

眺めていて嬉しくなります。


この犬たちの保護活動をしてるのは

大きな保護団体でもなく

保護を理由に寄付を募ったりしているわけでもない

個人の愛犬家です。


CREA DOGの最新号に記事が掲載されていました。



常時約40頭の犬たちを、自宅敷地で保護し世話する菊池氏

広い敷地で伸び伸びと遊ぶ犬たちは幸せそうです。

ここから、また新しい家庭に旅立つ犬たち。


撮影した藤代氏も犬猫多頭飼いの動物好きのご一家

2頭いた愛犬の一頭を亡くし、残った犬が寂しそうで

もう一頭迎えようかという時に目についたのが

菊池氏の「里親募集」の貼り紙。


先住犬と、猫と、小さな子供がいる家庭向きの犬をとの希望で

紹介されたのは



成犬のビーグル犬


大・大・大の動物好きの奥様

人気モデルの田辺あゆみさん

家族の仲間入りしたビーグルのバロくんとの

2ショットもいい笑顔ですね〜。

成犬は落ち着いていて、とても飼いやすいとのこと。

もちろん、先住犬とも猫とも、

まだ小さな息子さんとも大の仲良しのバロくん。


この菊池さんのために何か出来ないかと考えた末に

チャリティーのカレンダーを作ろう!とのことで

出来たのが、今回のカレンダーです。



送られてきたカレンダーに

メッセージが同封されてました。

「殺処分される犬たちがいなくなることを願い

このカレンダーを作りました」



「途方も無い問題を前にすると、自分の無力を感じてしまいますが

決して無力などではなく微力なだけなのだ」

「小さな力が、いつしか大きな力になることを信じたい」


このメッセージには、ホント同感しました。

自分でセンターから犬たちを引き取ることは出来なくても

こうやって、引き取った犬たちを世話して、

新しい家庭を見つける活動をされている方の

少しでも役に立てたら嬉しいことです。


興味のあるかたは

CREA DOG No3の記事をご覧下さい。



RESCUED DOGS

カレンダーの購入はこちらから



藤代冥砂オフィシャルサイト

田辺あゆみオフィシャルサイト




「わんわん幼稚園」


犬のしつけに悩み、犬を手放す方もいるようです。

無駄吠え、噛み癖に悩む飼い主さんも多いでしょう。


犬には犬の学校があります。

ドッグスクールやドッグトレーニングなんていうと

敷居が高いようなイメージ?


「うちは雑種だから」

「里親会でもらってきた犬だから」と

遠慮がある方もいるかもしれません。

もちろんトレーナーさんとの相性もあるでしょう。


うちのララ、どっからどう見ても雑種です。



正真正銘の捨て犬

何の芸もないのが自慢です。


でもね、犬の学校には遊びに行くんです。

犬の学校 TIIDA NATURAL DOG

ここは犬種に関係無く、いろんな犬たちが集まります。

雑種、保護犬ももちろんOK。


里親会で飼い主さんに出会った「こたろう」



小さい頃のララに似てます。

超〜おぼっちゃま犬です。


殺処分寸前にレスキューされたのは

ブルドッグの「おくら」

元飼い主が手に負えずセンターに持ち込んだ時は

まだ幼さの残る犬でした。


ここで訓練して、現在は新しい家族と暮らしてます。



やんちゃだった頃のおくらくん


いい名前をもらったね。

よだれで糸引く君にはぴったりだ!。


ブルドッグって見た目いかついのに

性格はデリケートなのがまた可愛い。

でも、力があるので訓練は必要ですね。

今でも毎週学校に通う可愛い生徒たちです。


こちら、おなじみのいなほ

先生の愛犬の中の一頭です。



この子も里親募集で出会った犬


超大型犬〜小型犬までたくさんの犬たちが通っています。

遊ぶ時間が無い飼い主さんに代わって

犬の幼稚園状態の学校です。

猫化してしまったララにはいい刺激になります。


犬のしつけで悩んだ時は、

一度、訓練所に相談に行ってみるのもいいと思います。

自己流で失敗して、手に負えず手放す前に

是非一度、身近にあるドッグスクールに

見学に行ってみるのもおすすめです。



訪問ありがとうございます。

殺処分なんて言葉が無くなる日が来ることを願います。

本日もぽちっとお願いいたします。



にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ



ありがとうございました。
| LALA | 動物愛護について | comments(8) | - |
週刊東洋経済とAERAの特集より


梅雨に戻った沖縄

外はザーザー降ってます。

週刊東洋経済&アエラ 003.jpg

お散歩にも行けません。


本屋さんで、ちょいと探し物

気になる記事が掲載された雑誌がありました。

週刊東洋経済&アエラ 016.jpg

週刊東洋経済の特集は

「ここまで来たペットビジネス」

週刊東洋経済&アエラ 007.jpg

ペットフードってものすごい数がありますね。

お値段もピンキリです。

何を買えばいいのか迷いますね。


肥満のはな

虐待してるわけじゃありません。

勝手に太ったのよ。

ハナ・ララ・マリーナ散歩 012.jpg

どうやったら痩せるんでしょね。


介護の記事もあり

週刊東洋経済&アエラ 009.jpg

犬だって高齢になれば痴呆や寝たきりになります。

ソックス、お願いだからボケないでね。

鰹のぼり〜海へ 044.jpg

あたしゃ、まだまだ元気だよ!。


ペットの葬儀業者も増えてます。

先日も預かった犬猫の遺体を山中に捨ててる業者が

問題になってましたね。

週刊東洋経済&アエラ 008.jpg
 
うちもペット霊園にお願いしてます。

お盆や慰霊祭には、お墓参りにでかけます。

穴掘って埋める場所なんてないので、これは必要ですね。


でもって、一番の問題は

後を絶たない、殺処分される動物たち

週刊東洋経済&アエラ 010.jpg

AERAでも「犬オークション」の実態が取材されてました。

週刊東洋経済&アエラ 014.jpg

ペットブームの影を根気よく取材されてる大田記者

今回の記事もペットブームの影になりがちな

オークション現場の取材記事

毎週行われる競り会場

店頭に並ぶ子犬や仔猫はここからやってきます。



ペットショップのケージの中にいる犬猫たち、可愛いですね。

子犬も仔猫も本当に可愛いです。

でも、買うからペット業者はどんどん産ませる。

売れる流行犬種をひたすら産ませる。

小さければ小さいほど売れる。

まだ離乳もしてないのに。


消費者は衝動買いするし、流行のペットを欲しがる。

売れ残ればバーゲン札まで付いてますね。

先日もドーベルマンの子犬が0円なんてこともありました。

見た目可愛い子犬たちもあっという間に成長します。

吠える、噛む、粗相すると手に余って捨てる。

放し飼いとかで子供が産まれたら捨てる。


うちの前に捨てられてたララ

20090716_1283230.jpg


保健所に持ち込まれたり

街中をうろうろして捕獲された犬たちの

持ち込まれる先は「動物愛護センター」


名前は動物愛護センターでも

ここは収容された犬猫たちを殺処分する所です。


熊本市では殺処分ゼロを目指して

いろいろな取り組みが進められています。



各自治体が本気になって取り組めば

出来ないことはないってことですね。


流れ作業で処分するだけじゃなくて、増やさない、捨てないという

基本的なモラルを浸透させることが一番なのでしょう。


保護活動されてる方たちにはホントに頭が下がりますが

保護するにも限界がありますね。


保護活動をしてるわけじゃなくても

拾ったらこうなりますもん。

雨の散歩&猫団子5月 004.jpg

あまりにお粗末な日本の動物愛護法の改正が進められてるようです

動物愛護なんて法律を作らなければならないほど

命に対するモラルが低いのが、何より問題だと思いますけど。



動物好きで有名なモデルの田辺あゆみさん

パリコレにも出てる日本人スーパーモデル

写真家のご主人藤代冥砂さんが撮る家族写真には

可愛い息子さん、愛犬、愛猫が登場。

気負わない日常のひとこまの風景が素敵です。



「週刊東洋経済」の取材記事より

週刊東洋経済&アエラ 017.jpg

新しい家族に迎えたのは

里親募集だった成犬

若くもない成犬はなかなか貰い手が見つからないですね。

週刊東洋経済&アエラ 015.jpg

今年からはドッグトレーナーのスクールにも通いだしたそうです。

若い子育て世代のお母さん方や

お洒落や流行りものに夢中な若い子たちにも

彼女を通じて、動物に対する興味や正しい知識が伝わるといいな。



何度も読み返した本の一つ

「捨て犬を救う街」 渡辺眞子著

週刊東洋経済&アエラ 001.jpg

いろいろと考えさせられることの多い一冊です。




ブログ用に写真撮ろうと雑誌広げたら

みやとあおが邪魔しに来ました。


犬猫だらけの我が家に愛のポチを


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

 


ありがとうございました
| LALA | 動物愛護について | comments(8) | - |
恐るべし中国のペット事情・カラフル犬

空前のペットブームの中国


去年話題になったパンダ犬も

まだ記憶に新しいとこです。


極端な毛染めや美容整形された犬たちって

愛玩動物って言えるんでしょうかね?

偽装パンダ

話題になった、パンダにされたチャウチャウ犬


今年のニュースになったのは

カラフル犬

中国・武漢の犬

中国・武漢の犬

英デイリー・メール紙に紹介されて話題騒然となりました。


オリンピックに沸いた北京では

五輪犬

こんなんもあり?

よくわかりません・・・・・。


カラフル犬

これもなんだか不思議なカラーですね。


エスカレートする中国のペットブーム


一人っ子政策の中国では

ペットを溺愛する人も増え

ペット市場はバブル期に入ってるようです。


食用犬の犬牧場から

ペット用の犬繁殖業者まで

無法地帯の中国の犬たち。


どうみても消耗品としか思えませんが。



トリミングが必要な犬といえばプードルがよく知られてますね。


中国だけじゃなく

ドッグショーの中でも

毛染めやトリミングは人気のショーにもなってるようです。


プードルの大変身を一挙公開

ラクダ犬

中東の雰囲気漂うラクダ




バッファロー

バッファロー



ドラゴン犬

これはドラゴンだそうです・・・・・



チキン犬

ニワトリだって・・・



孔雀犬

孔雀にもなります。



角砂糖犬?

角砂糖にもなります。



パンダプードル

パンダになったプードル


あの〜・・・・・

これって可愛いんでしょうか?


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
薬品は身体に悪いと思うLALAです。

| LALA | 動物愛護について | comments(4) | trackbacks(0) |
野良猫の末路は

野良猫がとても多い沖縄


私の職場は那覇市内でも一番の中心地でビルだらけ

住み着いた猫一族がテリトリーごとに群れています。


人懐っこい猫は、誰かが連れて帰ったり、

猫給食おばさんとかからご飯もらったりしてます。


我が家にも、ここからワケありで保護した子が2頭います。


猫にも性格がいろいろあり、

人懐こい猫もいれば

警戒心が強くて、まったく人間に近づかない猫もいます。



子猫たちも自然淘汰されるのか、

シーズンごとに小さいのがウロウロしてて可愛いけど

大人になるまで成長できるのはごく一部のようです。



たまたま我が家に来れたのは


ジョニー

片目猫のジョニー

今ではすっかり野良時代を忘れて

甘えん坊の猫になってます。


ジョニーは子猫の頃から人馴れした猫でした。


一緒に生まれたもう一頭はまったく寄り付きません。

お腹が空いてても、手の届くとこには寄って来ない猫

それでも、いままで生き延びてこれました。

しかし、もう限界みたいです。


添加物どっさりの人間の食べ物を食べ続けたせいか

それとも病気なのか

一応、毎日来る猫おばさんの猫ご飯は食べてるようですが

すっかり、見るも哀れな姿になってしまいました。


ジョニーの兄弟

骨と皮だけです

それでも、絶対に触らせてくれません。


兄弟猫のジョニーは

ジョニー

こんなに丸々した猫なんです。



我が家の新入り「あお」はこのガリガリ野良の娘

あお

子猫の頃から人馴れした猫だったね。



野良時代の「あおと母さん猫」

母猫はいなくなってしまいました。

あお&まま

あおも野良時代は忘れてしまったみたいです。


遊び好きなあお

最近のお気に入りはカンガルー

あお&カンガルー



同じ猫でも飼い猫になれる猫と

あくまで野良生活を選ぶ猫と

猫の生活も、性格と運で分かれるんでしょうか


あおの父さんもそのうちいなくなってしまうんでしょうね。


かわいそう、かわいそうと言う人もいますが、

実際、連れて帰って世話する人はほとんどいないのが現実。


「猫好きなら助けてあげたら?」

なんて言う人もいますね。

それなら、あなたが是非連れて帰って世話して下さいな。


野良猫の生活はきびしいです。


保護するにも限界がありますよ。



  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ


| LALA | 動物愛護について | comments(3) | trackbacks(0) |
お墓参り:沖縄ペットエンゼル


沖縄の行事は旧暦で行います。


今年のお盆入り(ウンケー)は9月1日

9月3日がウークイ(御送り)にあたります。

ウークイの日はほとんどの企業も休み。

学校も休みの沖縄です。


お盆といえば

あの世から亡くなった魂が帰ってくるといわれてますね。

霊感のまったくない私は、何も見えないし感じませんが

きっと人間だけじゃなくて、生き物みんな帰って来るのでしょう。


現在は人間だけじゃなくて、ペットも霊園があります。

昔みたいに、勝手に穴掘って埋めるような場所はもう無いですし、

住宅事情も変わって集合住宅が増えて庭が無い家も多くなりました。


昨今のペットブームで集合住宅で大型犬を飼う方も多く、

亡くなった後はほとんどがペット霊園を利用するでしょう。

うちの子たちもそうですが、友人のペットたちも最後はみんなここで眠ります。


火葬から納骨までお願いできるのでとてもありがたいです。


今日はお盆なので、次から次へと焼香しに来る人が絶えません。

ペットエンゼル


室内の祭壇はいつもきれいにしてあります。


ペットエンゼル


敷地も広々としてきれいです。



合同の納骨堂&慰霊塔

ペットエンゼル

いつもお花やお供えが置かれています。


ここのお供えのペットフードは、後は動物愛護団体に寄付するそうです。


年に3回慰霊祭がありますが、たくさんの人が集まります。


こういう施設があるとホントに安心です。


ソックス15歳

今日はソックスもお墓参り

ここにはお母さん犬も、姉妹犬たちもみんないます。

猫たちも一緒に入ってます。


ソックスは15歳の夏を無事越えました。

これから涼しくなったらお散歩も楽しくなるでしょう。


誰より一番長生きしたねソックス。


長寿記録を更新しようね。


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
※今年もお墓参りできたソックスにポチっとお願いします



| LALA | 動物愛護について | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>