LaLa5Cats

犬猫生活・日々いろいろ思うこと・・・
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
WWFジャパン
1 Click Animalsへ
 犬の生体展示販売反対オピニオンバナー
動物たちを守る会ケルビム
OTHERS
SEARCH
<< OCEAN'S PIZZAとCop10記事 | main | 道の駅は危険ゾーン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
RESCUED DOGS by 藤代冥砂


今年も残すとこあと2ヶ月

いや〜早いもんですね。

何やってたかわかんないうちに

一年が過ぎて行く・・・・・。


この時期になると

文具コーナーや本屋さんには

来年のカレンダーがずらりと並びますね。

毎年、カレンダー選びにはけっこう悩みます。

一年は確実に部屋で使うものだから

変なのは貼れないし。



雑種犬&猫多頭飼いの我が家

毎年カレンダーは猫でした。

売ってる犬カレンダーって犬種別だし、

なんだか可愛いらしいのばかりで

ちょっと・・・・・って感じなんですよね。


もっと、お洒落な感じのが欲しいのですが

なかなか無いもんです。


しかしですね、今回は悩むことなく決まりました。

来年のカレンダーに即決したのはこちら

「RESCUED DOGS」



写真家 藤代冥砂氏が撮影したのは

保護センターからレスキューされた犬たち

売り上げの全額が保護資金に回るという

なんとも嬉しい企画。


昨今、ネット上でも里親募集の記事が多いですね。

なんとかしたいと思っていても

実際に自分で迎えて世話するには限界があります。

住宅事情、経済事情、体力的な問題などなど

かわいそうだからと簡単には引き取れません。


保護された犬や、雑種犬って

いまいちイメージが悪い人もいると思います。

犬って連れて歩くものだから

人気犬種や、見た目にこだわる人も多いでしょう。

最後まで大切に世話してくれるならいいのですが

残念ながら、センターに持ち込まれる犬たちは

犬種に関係なく後を絶ちません。


このカレンダーの中の犬たちは

みんな一度は飼い主に捨てられたり

センターに持ち込まれて殺処分待ちだった犬たち



レスキューされて、里親募集中の犬たちですが

ひがむわけでもなく、惨めなわけでもなく

人間に対してこんな笑顔を見せてくれます。



わたし、この写真見て

おもわず涙が出ましたよ。

あぁ生きててくれてよかったと心から思いました。


このカレンダー、毎月写真もフォントも変わります。



全ページ、いい表情の犬たちで

眺めていて嬉しくなります。


この犬たちの保護活動をしてるのは

大きな保護団体でもなく

保護を理由に寄付を募ったりしているわけでもない

個人の愛犬家です。


CREA DOGの最新号に記事が掲載されていました。



常時約40頭の犬たちを、自宅敷地で保護し世話する菊池氏

広い敷地で伸び伸びと遊ぶ犬たちは幸せそうです。

ここから、また新しい家庭に旅立つ犬たち。


撮影した藤代氏も犬猫多頭飼いの動物好きのご一家

2頭いた愛犬の一頭を亡くし、残った犬が寂しそうで

もう一頭迎えようかという時に目についたのが

菊池氏の「里親募集」の貼り紙。


先住犬と、猫と、小さな子供がいる家庭向きの犬をとの希望で

紹介されたのは



成犬のビーグル犬


大・大・大の動物好きの奥様

人気モデルの田辺あゆみさん

家族の仲間入りしたビーグルのバロくんとの

2ショットもいい笑顔ですね〜。

成犬は落ち着いていて、とても飼いやすいとのこと。

もちろん、先住犬とも猫とも、

まだ小さな息子さんとも大の仲良しのバロくん。


この菊池さんのために何か出来ないかと考えた末に

チャリティーのカレンダーを作ろう!とのことで

出来たのが、今回のカレンダーです。



送られてきたカレンダーに

メッセージが同封されてました。

「殺処分される犬たちがいなくなることを願い

このカレンダーを作りました」



「途方も無い問題を前にすると、自分の無力を感じてしまいますが

決して無力などではなく微力なだけなのだ」

「小さな力が、いつしか大きな力になることを信じたい」


このメッセージには、ホント同感しました。

自分でセンターから犬たちを引き取ることは出来なくても

こうやって、引き取った犬たちを世話して、

新しい家庭を見つける活動をされている方の

少しでも役に立てたら嬉しいことです。


興味のあるかたは

CREA DOG No3の記事をご覧下さい。



RESCUED DOGS

カレンダーの購入はこちらから



藤代冥砂オフィシャルサイト

田辺あゆみオフィシャルサイト




「わんわん幼稚園」


犬のしつけに悩み、犬を手放す方もいるようです。

無駄吠え、噛み癖に悩む飼い主さんも多いでしょう。


犬には犬の学校があります。

ドッグスクールやドッグトレーニングなんていうと

敷居が高いようなイメージ?


「うちは雑種だから」

「里親会でもらってきた犬だから」と

遠慮がある方もいるかもしれません。

もちろんトレーナーさんとの相性もあるでしょう。


うちのララ、どっからどう見ても雑種です。



正真正銘の捨て犬

何の芸もないのが自慢です。


でもね、犬の学校には遊びに行くんです。

犬の学校 TIIDA NATURAL DOG

ここは犬種に関係無く、いろんな犬たちが集まります。

雑種、保護犬ももちろんOK。


里親会で飼い主さんに出会った「こたろう」



小さい頃のララに似てます。

超〜おぼっちゃま犬です。


殺処分寸前にレスキューされたのは

ブルドッグの「おくら」

元飼い主が手に負えずセンターに持ち込んだ時は

まだ幼さの残る犬でした。


ここで訓練して、現在は新しい家族と暮らしてます。



やんちゃだった頃のおくらくん


いい名前をもらったね。

よだれで糸引く君にはぴったりだ!。


ブルドッグって見た目いかついのに

性格はデリケートなのがまた可愛い。

でも、力があるので訓練は必要ですね。

今でも毎週学校に通う可愛い生徒たちです。


こちら、おなじみのいなほ

先生の愛犬の中の一頭です。



この子も里親募集で出会った犬


超大型犬〜小型犬までたくさんの犬たちが通っています。

遊ぶ時間が無い飼い主さんに代わって

犬の幼稚園状態の学校です。

猫化してしまったララにはいい刺激になります。


犬のしつけで悩んだ時は、

一度、訓練所に相談に行ってみるのもいいと思います。

自己流で失敗して、手に負えず手放す前に

是非一度、身近にあるドッグスクールに

見学に行ってみるのもおすすめです。



訪問ありがとうございます。

殺処分なんて言葉が無くなる日が来ることを願います。

本日もぽちっとお願いいたします。



にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ



ありがとうございました。
| LALA | 動物愛護について | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
LALA (2010/11/03 10:20 PM)
>Gumiさん
そう、これを見てもらいたかったの〜!。
もうね、涙がでましたよ。

あ、同じこと思った(笑)。
この笑ってるわんちゃん、カモシカ顔!
Kaiくんになんか似てるなぁって。

う〜ん、雑種だからダメというわけじゃないけど、他の飼い主さんがあまり好意的じゃないと、なんだか気後れするのも事実かなぁ。
同じ犬なんですけどね。

流行の小型犬種の飼い主さんからみたら、中型雑種は怖いのかな?。

だはは、いちおうDNAは犬のララ。
中身は猫で、見た目はヤギだけど^^;。

さくらの通う病院の隣でも、常時里親会やってるの。
うちの職場の人が、犬か猫がもう一頭欲しいって相談してきたから、里親会を洗脳するがごとくすすめました(爆)。

私にとっても危険ゾーンなんだけどね。
あまり長居しないようにしてます。

Gumiさんちのわんちゃん、超個性派揃いで羨ましい・・・。
確かに、犬猫多すぎ?。(←人のこと言えない)。

私もいつか、山の中とかで暮らせたらいいなぁ。

是非、是非、このカレンダーの紹介お願いいたします!!!。
アメリカのレスキューから、日本向けに発信してくれると嬉しいです!。
Gumi Bear (2010/11/03 12:08 PM)
涙がこぼれそうです!!

このカレンダー、ぜひ日本のお友達にも紹介させてください!!

明日のブログの記事にものせちゃお!!

日本は雑種ということで、トレーニングにいけなかったりするんですか??

ありえない。。。(T_T)

カレンダーの笑ってる犬、うちのカイになんとなくマスクが似てる。。


LALAちゃん(犬)やっぱり、正真正銘の犬って。。ヤギではなかったんですね!^m^

日本にもたくさんレスキューされてる方がいるんですね。。

私もいつか、ここから、山の方に引越ししたら、もう少しレスキューできるかな。。って、今でも十分なんですけどね。。(^_^;)
LALA (2010/11/02 10:49 PM)
>まりおままさん
このカレンダーいいですよ〜。
チャリティーってだけでなく、写真もとてもステキです。
オールモノクロなので、男性の部屋にもピッタリですし。
きっと、ご主人や息子さんも気に入ってくれると思います^^。

是非、犬好きな方に知らせてあげてください。無事にモロッコまで届きますように〜!。

個人でこれだけの犬の世話って大変だと思いますよ。
でも、散歩したり、海で遊ばせたりと、とても健康的な生活を送る犬たちは幸せそうな顔で笑ってます。

少しでも、フードや治療費の足しになったら嬉しいですよね。

最近は胡散臭い保護団体もあるようなので、現状を把握できないとこには、私は寄付はしません。

確実に犬たちのために使ってくれるところに、ささやかな協力の気持ちを届けたいものです。

クレアって雑誌ありますね。
たまに不定期で犬や猫や旅行の本も出してるようです。
今回のは犬で、保護犬の記事が目的で購入しました。
普段は雑誌は買いませんよ。立ち読み派です^^;。
LALA (2010/11/02 10:29 PM)
>あがぴょんさん
ほんとに捨てる人間もひどいですし、また命を奪うのも人まかせなんて卑怯だと思いますよ。

悲しいかな、日本では野良ってほとんど見かけることはなく、捨て犬や逸走犬は見つけ次第捕獲・処分されます。

ギリシャのノラちゃんたちみたいに、攻撃性のない犬は、ワクチン&目印の首輪を付けて街に戻すなんてことはありえない国です。

ましてや、中〜大型犬が一人散歩なんかしてたら通報されるでしょう。

動物に対する文化の違いといえばそうなんですが、ここまでペットブームなのになぜか捨て犬に対しては排他的ななのが悲しいですね。

ホント、自分が捨てられてみないとわかんないかも。
まりおまま (2010/11/02 6:03 PM)
又々貴重な情報記事、ありがとうございます。
こんなカレンダーがあるとは!
早速、姉に知らせて何とか手に入れたいと思います^^
個人でできることって限られてますよね。
それが、40頭なんて、すごい!
ここにいられるだけでも幸せな犬たちだろうけれど、
どうか、一匹でも多くのワンちゃんに里親さんが見つかりますように。。。。

クレアドッグ、というのはワン雑誌なんですか?
昔、クレアという雑誌があったような・・・
あがぴょん (2010/11/02 2:19 AM)
犬のジンケンってありますよ。捨て犬はかわいそう。
命を奪うのを他人任せにする人ってずるいなぁと思います。
犬も人も命ありますからね。自分が捨てられてみろ!と思います。
LALA (2010/11/01 11:59 PM)
>ぺえたさん
そうそう、成犬って落ち着いていて飼いやすいですね。
仔犬だとしつけやらトイレトレーニングやら手がかかるし。

田んぼに落ちてたリュカもそういえば保護犬だわ。
すっかり、ぺえたさんちの犬で忘れてました。っていうか〜、あれはリュカの作戦だとわたしは確信しています(爆)。

田んぼに落ちるか?犬が?。
絶対に待ち伏せしていたに違いないです。
今じゃめでたく飼い犬ライフ。
やったねリュカ!。

CREA DOG、本屋さんで見てね〜。
40頭の犬との生活は想像つきませんが、広い敷地にたくさんの犬たち。
なんだかちょっと羨ましい気もしました。

我が家もこれ以上は無理です。
保護して世話してる方には頭が下がります。
何か、役に立てると嬉しいですね。
ぺえた (2010/11/01 11:15 PM)
本屋さんに行ったらCREA DOGを見てみようと思います。
個人で40頭も世話をしてるなんて、すごい人がいるんですね!
成犬って飼いやすいですよね。
リュカを飼い始めてから、それがよく解りました。
うちはもうこれ以上犬を増やすことはできないけど、保護犬達がみんな素敵な家族に巡り会えるといいなと思います。