LaLa5Cats

犬猫生活・日々いろいろ思うこと・・・
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
WWFジャパン
1 Click Animalsへ
 犬の生体展示販売反対オピニオンバナー
動物たちを守る会ケルビム
OTHERS
SEARCH
<< ころころクッキーと猫の部屋 | main | 日々雑記@ジンジャー酵素とうりずん豆 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
黒猫カードと第5回世界のウチナーンチュ大会

 まぁ、毎日よく降る雨だこと。

ここしばらくお天道様を拝んでいません。



雨の日は植物が生き生きしてきれいですね。

クロトンの葉っぱも色鮮やか。


低気圧にとことん弱いわたくしは

毎日ぼーっとした頭で過ごしております。


ここ近年異常気象が続く日本。

すっかり秋になったはずなのに

昨日の関東は気温が急激に上がり

10月だというのに、東京では23人が

熱中症で搬送されたとの記事が新聞に出ておりました。

どうなってるんでしょう?日本。


10月のイベントといえばハロウィン

わたくし農家じゃないので

秋の収穫を祝うなんてことはないのですが

実りの秋は大歓迎♪。(←食いしん坊万歳の季節だ)


街角でもハロウィンのディスプレイが目につく今日この頃

アメリカから嬉しいお便りが届きました。


犬よんひきMちゃんからだ〜♪。



(あちゃ〜ピンボケだった・・・)


可愛いカードは開いてびっくり



うわっ、黒猫がいっぱ〜い

可愛い・・・・

可愛いすぎる・・・。

黒猫マニアにはたまらん可愛いさのカード。


カードの写真を撮ろうとすると

必ず邪魔しに参加しにくるみや。



はい、みやちゃん

我が家の黒猫代表ね。

他にもハロウィンにちなんだ黒猫雑貨がいろいろ


ねぇ、写真撮らせておくれよ・・・。



あお、邪魔だからどいてよ。



さて、気を取り直してプレゼント撮影



はい、OKよ。みや。

気が済んだか?モデルさん。

なんでそんなにカメラ好きなんだろね?。


可愛い猫雑貨に、にやにやしつつ

さっそくハロウィンチョコを食べました。うみゃ〜い♪。

みーちゃん、可愛いプレゼントありがとね〜



「第5回世界のうちなーんちゅ大会」


うちなーんちゅ=沖縄人

その昔、新天地を求め世界中に移民した沖縄県民

現在も約40万人の人が世界各地で暮らしているようです。


移民の歴史も100年を超え

2世〜5世まで世代が広がっているとのこと。

世代を紡ごうと始まった「世界のうちなーんちゅ大会」も

5回目を迎えました。


世界各国から県出身者やその家族がぞくぞく来沖。

ここ数日、新聞の紙面では大会の様子が掲載されております。



今回は23カ国2地域から、5194人が来沖。

言葉や国境や世代を超えて集まった人々。


世界各地の歌や踊り、沖縄の伝統芸能が披露され

たくさんの世界各国の屋台もありと大きなイベントになっております。


今回はお天気も悪くて、わたしは会場へは行きませんでしたが

過去数回行った時には、もう屋台に釘付けになりました。


特にペルー、ブラジルなど南米に移住者多いので

屋台の楽しいのなんの(←目的は毎回これよ)


誘惑だらけの会場を後にするころには

食べ過ぎて毎回後悔するのよね。


今回はお天気には恵まれなかったけど

イベント自体は大成功だったようです。


地球の裏側からやってきた高齢者は

懐かしい兄弟や親類に会えたという記事がたくさん載っておりました。



次の開催は5年後

短い滞在ながらも故郷に帰郷できた参加者は

「5年後に会いましょう」と帰国の途のついたようです。



このイベントに参加するために来沖した人々は

ほぼすべて自費での参加。

新聞の片隅に小さな記事がありました。

「キューバにすむ約100人の県系人は経済的な理由で参加できず」

社会主義国のキューバは個人の財産というものはない。

沖縄までの旅費を工面できなかったようです。


貧しいイメージのキューバですが

医療や教育の充実度は世界トップレベルとの話もある。

実際のところはよくわかりませんが・・・。


だいぶ前の話になりますが

2009年にある講演会に行きました。


キューバといえば革命の戦士「チェ・ゲバラ」が有名ですね。

ゲバラの娘アレイダさんは小児科医として

キューバだけじゃなく世界各国で講演を開いたり

映画にも出演しています。


たまたま、行く機会があり講演会場を訪れて驚いたのは

あまりの年齢層の高さ。

ほぼ60〜70代からそれ以上の人々が8割を占める会場。

講演会での質疑応答も日本語だけじゃなく

いろんな言語がとびかう会場。

やはり質問は父ゲバラについてが多かったのですが。


帰り際に、ロビーの一角に展示されていたのは

古い、古い写真の数々・・・。

キューバに移民した人々の暮らしを撮った写真。

この時代の写真がよく残っていたものだと

当時の暮らしぶりを伝える写真の数々。


食い入るように写真を見つめていたおばあさんは

もしかしたら、自分の家族を探していたのかもしれません。





2009年の新聞記事

キューバ移民100年の時のイベント。


移民した人々の苦労は並大抵のものじゃなかったと

ことあるごとに耳にします。

現在では現地での生活も安定し、2世3世の世代が中心になって

事業を展開したり、故郷の芸能を学んだりと

新しい世代へと時代は変わって行くようです。


小さな島の沖縄から世界へと飛び立った人々

なかなか帰国する機会もなく一生を終えた人も多い。

「世界のうちなーんちゅ大会」というイベントをきっかけに

やっと故郷の土を踏めたという人も多いようです。


このイベントをきっかけに「帰ってみようかな?」と思う人たちが

どんどん増えて、たくさんの人がまた繋がっていくのも

いいものだなぁと思うLALAでした。


訪問ありがとうございます。


ホントなら会場で屋台めぐりをしつつ

世界のダンスやらライブを見たかったのに

今回はどーにも体調がいまひとつで断念。

せっかくの機会なので

大会の記事と個人的な感想をだらだらと書いてみました。



屋台が心残りなLALAにぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ 



ありがとうございました

| LALA | 沖縄情報 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
LALA (2011/10/19 11:47 PM)
>ruggineさん
みやは出たがりなようですー(笑)。
写真撮ろうと、テーブルにあれこれ広げだすと寄ってきますもん。
じーっとポーズ取ってくれるから、ついでに一緒に撮っちゃいます^^。

イタリアも移民した人の多い国ですね。
アルゼンチンは沖縄の人もとっても多いとこです。
沖縄姓+アントニオとかアルベルト、シルビアさんてのはわりとポピュラーな名前です^^。
そーいえば、うちの妹の相方はイタリア系イギリス人。お母さんがイタリア人ですよ!。
LALA (2011/10/19 11:39 PM)
>ぺえたさん
今年はホントに変な気候ですね。
いきなり気温が上がって暑くなったのでしょうか?。
10月なのに熱中症で搬送とはびっくりですよ!。

みやはカメラ好きというか、ブログ用に写真撮ろうとすると邪魔しに来ます。
でもって、勝手にポーズとってます・・・。
黒猫カードだから、まぁモデルさんになってもらいましたよ^^。

昔は沖縄から海外への移民がすごく多かったようで世界中に県人会があります。
ここ数年は沖縄への移住者が増えてますよ。
食べたことない料理にチャレンジするなら屋台は便利です(笑)。(←お試し好きなもんで)
ruggine (2011/10/19 2:35 AM)
みやさまはLALAさんがブログ用の撮影を開始するとテーブルに上がってくるんですか?
いつもセットですよねぇ。可愛過ぎます♪
でもってみやさまは黒いから被写体が映えるんですよねー。

沖縄から世界各国へ旅立っていったのですね。
イタリアもその昔たくさんの人が移民しました。やっぱり南米が多かったみたいです。アルゼンチンの人の苗字ってイタリア系の人が多いのはそのためなんだろうな・・・って思います。
素敵なお祭りですね。
ぺえた (2011/10/18 11:32 PM)
16日は本当に暑かったですよ〜(汗)
久しぶりに汗ダラダラかきました。

みやちゃんは天性のモデル猫ですね(^m^)
黒猫グッズ、どれもかわいいですね。

恥ずかしながら、沖縄の移民がそんなにいるとは知りませんでしたよ。
世界各国の屋台かぁ・・・私もいろんな国の料理を食べてみたいわ(*^_^*)
LALA (2011/10/18 11:20 PM)
>セシリアさん
ここはいろんな国の屋台が楽しいです(←あくまでわたしの趣味)。
各国の雑貨類のブースも楽しいですよ。

「キューバリブレ」???。そんな洒落た呼び名もあるんだ。知らんかった。
こっちだと普通に「ラムコーク」です。基地の近くにあるDISCOだと1Drink=3$でしたよ。かれこれ20数年前の話ですが。
あ、わたし20代までは多少は飲めてました。
今はぜんぜんダメだけど・・・^^;。

「川越まつり」も楽しそう。
関東のお祭りも、わたしには珍しいものばかりです。
初めて、お神輿のフンドシ姿を見たときは衝撃的でした!。
目のやり場に困ったLALAです。
LALA (2011/10/18 11:08 PM)
>myaumyau さん
大きなイベントになると、やはりハワイからがダントツで多いですねー。
そうそう、カリフォルニア、シアトル、NYは沖縄県人会の活動が盛んな地域のようです。

ヨーロッパ各国にもありますが、うちの妹もイギリスの県人会には入ってないです(笑)。
親類の中にはブラジルに移民した人もいると聞いたことがありますが、会ったことはないです。
きっと、知らない国にも遠い親類がたくさんいるのかもしれませんね^^。不思議だ〜。

あ、わたし学園祭のエイサーでは男役でした・・・。
セシリア (2011/10/18 8:51 AM)
こんなお祭りみたいなのがあるんですね〜!行ってみたいなぁ。キューバというと、ラム酒をコーラで割った「キューバリブレ」を思い出す、呑兵衛な私(汗輪私の街(市)では、15日、16日と、「川越祭り」がありました。関東三大祭りの1つで、私が子供の頃は、学校が半日になりました(当時は、曜日に関係なく、14日と15日の開催だったの)全国放送されたりしていたんだけど、最近はTVでは見ないかな?
秋の祭りなんだけど、寒くなったり、暑くなったりしたから、ソメイヨシノが咲いたりしてる。
もう季節がごちゃまぜって感じですよ。
myaumyau (2011/10/18 2:08 AM)
ニュースで「世界のうちなーんちゅ大会」を見ました。それぞれの国の香りを取り入れつつ、世界に旅立っていたうちなーんちゅの子孫たちが沖縄の伝統「エイサー」を踊るサマは、「どこにいたってひとつさぁ」という思いが伝わってきました。私が住むカリフォルニアもうちなーんちゅがけっこう多く、県人会の規模も他県人会と比べると大きさも結束力が強い印象があります。私も機会があればいつか見たいと思っているのですよ。ダンナは県人会にも入っていなければ、エイサーも踊りませんが、うちなーんちゅ魂はありありです。ちなみにダンナの祖父はサイパン移民。先駆者がいたから自分たちがいまここにいられる幸せに感謝しなくていけませんね。