LaLa5Cats

犬猫生活・日々いろいろ思うこと・・・
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
WWFジャパン
1 Click Animalsへ
 犬の生体展示販売反対オピニオンバナー
動物たちを守る会ケルビム
OTHERS
SEARCH
<< DOUBLE DECKERと黒猫大和 | main | 猫猫忘年会@SAM'S ANCHOR INN >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
RESCUED DOGS

 北風ピューピュー

いきなり気温が下がった沖縄。

相変わらずすっきりしないお天気続きだ。


12月の風景。

実家の庭のグミの木に

なんかいっぱい付いている?。



これは蕾?


お花発見。



約1cm弱ぐらいの小さなお花。

グミの花って初めてみたわ。

こんなに小さいと見逃してしまいますね。



みなさま、ごきげんよう。


さすが師走というだけあって

どんどん日が過ぎていく。



この一年、我が家のリビングを飾ってくれたカレンダーも

最後の一枚となりました。


RESCUED DOGS 2012



保護犬たちをモデルにしたチャリティーカレンダー


今回は、犬好きな方、

また犬の保護活動に興味のある方におすすめの

カレンダーの紹介です。



チャリティーとはいえ

このカレンダーの撮影は

写真家・藤代冥砂氏。


来年度版も完成し販売が始まっております。

RESCUED DOGS

2013



今回は壁掛けタイプに加え、卓上版もあります。

写真は全部違う写真を使用。

冥砂氏直筆のメッセージが同封されていました。



このカレンダーの収益金は全額、犬の保護活動の資金となります。



モデルとなった犬たちが暮らすのは

神奈川ドッグプロテクション



保健所から引き出されて、

新しい家庭が見つかるまでの合宿所での風景。

常時約70頭の犬たちが暮らす、通称「お山」と呼ばれている施設。



保護活動している団体も日本各地にたくさんあります。

たくさんの方が団体や個人で保護活動されています。

施設によっては、ケージ飼いのところが多いのも現状。

実際、世話に手がまわらず散歩も満足に出来てないことも多い。

どこの施設も資金不足、人手不足です。


こちら、KDPお山合宿所では犬たちは群れて社会性の勉強。

そう、犬は基本群れる動物です。

群れの中でいろんなことを学習するのが本来の犬の姿。


犬はとにかくよく遊ぶ。

そして散歩が大好きですね。


KDP(神奈川ドッグプロテクション)の犬たちの散歩風景。



写真は「DODGE VANで犬レスキュー海と山のクレイジー生活」より


楽しそうですね〜。

この犬たち、保健所の檻の中から来たとは思えない表情。

伸び伸びと暮らし、毎日運動すると犬の表情って明るくなります。



「よく遊び よく歩く。」 ←LALAお気に入りの記事はこちら。




保護犬をひきとったり、犬を飼える環境じゃない方でも

この犬たちを支援することの手助けは出来ます。



チャリティーカレンダーのご注文は

meisafujusiro official site shop



里親募集の犬たちや譲渡会情報は

神奈川ドッグプロテクション



「KDPのブログ」

HOTDOGDAYS!!!

DODGE VANで犬レスキュー海と山のクレイジー生活




今回は東日本大震災被災犬のチャリティーカレンダーもあります。

http://www.goguidedogs.jp/


是非、来年度のカレンダーは

チャリティーカレンダーにご協力宜しくお願いいたします。



訪問ありがとうございます。



我が家のサンも動物愛護団体からひきとった犬


保護犬とはいえ、全部雑種じゃないですよ。

流行のダックスやらトイプーやらチワワから

ラブラドールやブルドッグなどいろいろいます。


飼い主の事情でセンターに持ち込まれた犬たち。

殺処分される命がなくなる日が来ることを願っております。




サンがいたのは

動物たちを守る会 ケルビム

こちらも定期的に譲渡会開催しております。

犬だけでなく猫の里親も随時募集中。



ペットショップに行く前に

里親会に足を運んでみるという選択があることが

もっともっと広まってくれますように。



雑種の保護犬でも

ちゃんといい家庭犬になれますよ。



ねっ!サンちゃん!。




「転載歓迎」

RESCUED DOGS

2013

クリスマスプレゼントやお歳暮に

またお年賀にも是非どうぞ!!!




殺処分ゼロに応援ぽちっとお願いいたします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ


ありがとうございました。



| LALA | 里親募集 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
LALA (2012/12/09 12:03 AM)
>myaumyauさん
なんと、明日朝は気温が14℃になると聞いて慌てて灯油買ってきましたよ!。
南国人にはこの気温は無理です(泣)。
すでに今もとんでもなく着膨れしております・・・。

ささやかでもいいから、何か支援できるといいですね!。
このカレンダーの写真がとても好きなので、毎年買っております。
お洒落なモノクロカレンダーなのも気に入ったのだ〜。
LALA (2012/12/08 11:55 PM)
>ジミーのママさん
アメリカにはまだまだ程遠い日本の動物に関する愛護活動ですが、けっこう熱心な方もいらっしゃいますね!。
この団体は、雑種の老犬たちを保健所から引き取って世話してくれるところに共感が持てました。

可愛いジョーン、サンによく似たワンちゃんでひと目で気に入りました。
新しい家族の元でいーっぱい可愛いがってもらえますように・・・。


LALA (2012/12/08 11:48 PM)
>里山コウさん
こんばんは〜。

沖縄もだいぶ冬らしく気温が下がってきました。
さすがに霜は下りてませんが寒いです〜(><)。

メルゴルちゃんたちは寒いの平気なんですね!。
我が家の沖縄犬たちは猫みたいに丸くなっております・・・。

コウさんちのたくさんの猫ちゃんたち、みんな幸せそうですね〜。
保護猫たちでも家族になれば親ばかレベルで可愛くなるのはみんな一緒です(笑)!。
今のところ人気独占中なのはやっぱりチョコちゃんですね!。可愛いですもん〜〜〜♪。

チャリティーカレンダーは、各都道府県にある愛護団体がいろいろなのを販売しております。
各団体特色があると思うので、活動に賛同できるところの支援活動のためにもおすすめの企画だと思います。

まずはご参考まで〜♪。

いつも応援ありがとうございます^^/。

myaumyau (2012/12/08 5:07 PM)
さすがの沖縄も、日に日に寒さが増しているようですね。風邪にお気を付けくださいね。
新しい年のカレンダーを気にするころとなりました。何かのカタチで、レスキューに協力できるのはいいことですよね。ブラック&ホワイトの写真がすごくいいなぁ〜。
ジミーのママ (2012/12/08 6:34 AM)
日本でも動物愛護のコンセプトが広まっているようで嬉しいですよね。このカレンダー、とてもインパクトがありますね。多くの雑種犬がサンのように幸せな家族の仲間になれたらいいですね。
私の孫ワン子だったジョーンも新しい家族と仲良く暮らしているようです。
里山コウ (2012/12/06 10:16 PM)
こんばんは。

今年は寒くなるのが早く、朝の散歩は
霜で真っ白な所を歩きます。
メルもゴルも寒いのはぜんぜん
気にしていないようです。

来年のカレンダーですね、色々情報提供
ありがとうございます。
我が家は猫6匹全部捨てられていたものを
家に連れてきてそだてました。
カレンダーは他にも同じような話がありましたので
考えてみます。

応援ポチ
LALA (2012/12/06 12:42 AM)
>ナオピーさん
このカレンダーは今年で3年目になりますが、毎回とってもステキな仕上がりですよ。

我が家は雑種飼いなので、いわゆる犬種別のカレンダーは買わずに毎年猫のカレンダーを買ってました。

どーせ買うならチャリティーのものがいいですよね!。

日本はまだまだペットショップで犬や猫を買うのが主流で、なかなか保護施設に引き取りに行く人は少ないようです。
犬のしつけも欧米ほど浸透してないような感じです。

マルオさんみたいにきっちりしつけして大事に世話してもらえるスピナーは、とーっても幸せな犬ですね。

ささやかな支援でも救われる動物がいるのなら喜んで協力したいと思います^^。

ナオピー (2012/12/04 10:08 PM)
このカレンダー、良いですね♪
写真が白黒なのが、またオシャレです。普通に店に置いても売れそうなクオリティーですね。
我が家のカレンダーもK9レスキュー(スピナーの出身保護施設)が製作したものです。
これはペットショップや動物病院などでも販売しています。

私の住む街ではペットショップに犬、猫は売っていないので、犬が欲しい人はブリーダーから直接買うか、多くの人は保護施設から引き取ります。

クリスマスの時期には大型ショッピングセンターでプレゼントの無料ラッピングサービスをする代わりに、K9レスキューに$1〜2の募金をお願いするシステムもあり、
保護施設が地域の人々に身近な存在なのは素晴しい事ですが、やはり運営は厳しいようですよ。
飼い主から捨てられる犬、猫が減ってくれる世の中になるように祈らずにはいられませんね。